“きよげい”の漢字の書き方と例文
語句割合
巨鯨100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
にもらぬ海獸なれど、あれを敵國艦隊ふれば如何にと、電光艇矢庭三尖衝角運轉して、疾風電雷突進すれば、あはれ、なる巨鯨五頭七頭微塵となつて