“かまち”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:カマチ
語句割合
99.5%
鴨打0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
血潮に汚された畳をがして、薄縁を敷いた四畳半の上がりに腰を下ろして、そう言いながらも平次は、腰の煙草入を抜きました。
がすぐにで、取附きがその位牌堂。これには天井から大きな白の戸帳れている。その色だけに明くって、板敷は暗かった。
縁結び (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
……ですから、このの中に這入って来た男の人は家主のお爺さんと、中学時代の僕の受持の鴨打先生と、電燈工夫ぐらいしかありません。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
あくる日になると先生(W氏)がおでになるし、中学にいた時の僕の受持ちの鴨打先生も会いに来て下さいました。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)