“えきそう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
疫瘡33.3%
繹騒33.3%
駅送33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
天平の中ごろに猖獗をきわめた疫瘡の流行は、特に猛烈にこの湿地を襲ったであろう。次いで起こった光明后の大患も、同じくこの湿地の間接の影響に基づいたのでないとはいえまい。
古寺巡礼 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
「去年は倭奴上海をかし、今年は繹騒姑蘇む。に双刀を飛ばし、りにを使う、城辺の野草、人血る」。これ明の詩人が和寇じたるものにあらずや。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
これを一か月間に白布一反ずつ長尺に織りあげさせ、の端にその村の地名を書き、それぞれ役人があずかりおいて、命令によってただちに駅送する。
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)