“うららか”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
94.1%
麗朗5.9%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その樹の名木も、まだそっちこちに残っていてうららかに咲いたのが……こう目に見えるようで、それがまたいかにも寂しい。
絵本の春 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
が、同時にこの背景によって、その事実がうららかな春の中に浮んで来ることは、俳句の特色として多言を要せぬであろう。
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
この物語を聞く人々、いかに日和山の頂より、志摩の島々、海のなぎ、霞の池に鶴の舞う、あの、麗朗うららかなる景色を見たるか。
歌行灯 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)