“うなづら”の漢字の書き方と例文
語句割合
海面100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二人ふたりはしばし黙して語らず。江の島のかたよりで来たりし白帆しらほ一つ、海面うなづらをすべり行く。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
もやが分れて、海面うなづらこつとしてそびえ立った、いわつづきの見上ぐる上。
悪獣篇 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)