“いきいき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
生々50.4%
活々47.4%
生生2.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ひる近くまで、ぐったりと寝台の中に沈んでいて、夕方になると、急に生々いきいきして男のお友達を大勢誘って遊びに出かける。
キャラコさん:08 月光曲 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
するとその拍子ひょうしに、さっき大学の中で見かけた女の眼が、何故なぜか一瞬間生々いきいきと彼の記憶に浮んで来た。
路上 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
どの品物を取り上げても形はせてくる一方ですし、色は俗になりがちですし、模様も活々いきいきしたものを失って来ました。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
ははははは、無学の暴言かも知れないが、一家言いっかげんとして聞いてもいい、とにかくあいつは活々いきいきした人間らしいな
増長天王 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
今のまゝの顔だちでよいから、表情と肉附にくづき生生いきいきとした活動の美を備へた女がえてしい。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
そんな感じのするせいか、これ程の老夫人が母らしい人とは思はれないで、生生いきいきとした人妻らしい婦人であると自分には思はれるのであつた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)