“黒鞘”の読み方と例文
読み方割合
くろざや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こうして、戦国の昔を思わせる陣太刀作りの脇差が、普通の黒鞘武蔵太郎安国と奇妙な一対をなして、この夜から諏訪栄三郎の腰間に納まることとなった。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
朽ち葉色の水干に黒鞘太刀を横たえたのが、どういうわけか、しさいらしく、小屋の中をのぞいている。
偸盗 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
そして、部屋の隅には黒鞘の長身の日本刀が立てかけてあった。床には大きなの皮が敷いてあった。
恐怖城 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)