“黄琬”の読み方と例文
読み方割合
こうえん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その夜、王允はただちに、日頃の同志、校尉黄琬僕射士孫瑞の二人を呼んで、自分の考えをうちあけ
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
董卓は自分を相国に封じ、楊彪を司徒とし、黄琬を太尉に、荀爽を司空に、韓馥冀州の牧に、張資を南陽の太守に——といったように、地方官の任命も輦下の朝臣の登用も
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
見れば、王允黄琬の二人が、剣を執って、殿門の両側に立っているではないか。
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)