“黄昏頃”の読み方と例文
読み方割合
たそがれごろ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
店も閉まった黄昏頃。南蛮屋は、奥で馳走になったらしく、微酔をおびて、いい機げんで帰りかけたが、ふと伊織を土間の隅に見つけて
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
致して居る樣子を格子にて承まはりしが黄昏頃きし所百兩包を取出し御門跡へ納める金なりと云ひ又箪笥の引出へたる處を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
場所——地の理——けまわして、ちょうと、黄昏頃
無宿人国記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)