“鶏犬”の読み方と例文
読み方割合
けいけん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鶏犬の声は平和のシムボルでありますけれど、鶏は時を作るものだが、犬は時間を知らせるものではありません。
大菩薩峠:40 山科の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
兵馬の目的には頓着なく、存外鷹揚な客と見たので、駕籠屋は勢いよく急がせる。そのうちに、前後でしきりに聞ゆる鶏犬の声。夜は白々と明け放れたものと見ゆる。
大菩薩峠:21 無明の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
この一つ家の中には、弁信その人のほかには、絶えて人間の気配のするものをれていないと同じく、そのけた天井には鼠の走る音もあるのではなく、その外壁のあたりに、鶏犬の声だも起らない。
大菩薩峠:27 鈴慕の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)