“鬼物”の読み方と例文
読み方割合
きぶつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
よしまた、「じゃぼ」の成り立は、さる事なりとするも、汝がこれを以て極悪兇猛の鬼物となす条、以て不審なり。
るしへる (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
軍将の陳守規は何かの連坐で信州へ流されて、その官舎に寓居することになりました。この官舎は昔から凶宅と呼ばれていましたが、陳が来ると直ぐに鬼物があらわれました。
ここからなら、鬼物と闘うことが出来るのだ。