“高真”の読み方と例文
読み方割合
たかざね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして、上赤坂のあとには、総大将の阿曾弾正少弼。——軍奉行、長崎悪四郎高真の陣所などが、せい然と見える。
私本太平記:06 八荒帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いくさ奉行の長崎悪四郎ノ高真は、おもてにをそそいで、どこかの使番の武士へ、どなりつけていた。
私本太平記:07 千早帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
阿曾弾正時治、長崎高真佐介貞俊、以下いずれも、去年の千早包囲軍をひきいていた鎌倉方の首将や侍大将たちで、そのご奈良へ逃げ籠り、また奈良で敗れて