“顕門”の読み方と例文
読み方割合
けんもん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何といっても彼は名家の顕門で、いわば国の元老にも擬せられる家柄であるが、曹操は一宮内官の子で、しかもその父は早くから郷土に退き
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
顕門に隠れていたのでは、近づくもないと思うて、故郷へ帰って来られたか」
剣の四君子:03 林崎甚助 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
彼にも、足利公方の義昭と、どこか共通している錯誤と性格があったのである。時代の奔激をあくまで甘く見て来た顕門のお坊ッちゃんは——こうして次々に溺れてゆくしかなかった。
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)