“青麦”の読み方と例文
読み方割合
あおむぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
親仁はのそりと向直って、だらけの顔に一杯の日当り、桃の花に影がさしたその色に対して、打向うそのの屋根のは、白昼青麦る空に高い。
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
夕方は、まんまるない日が、まんじりともせず悠々と西に落ちて行く。横雲が一寸一刷毛日の真中を横にって、画にして見せる。最早んだ青麦が夕風にそよぐ。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
正面に、青麦に対した時、散策子のはあたかも酔えるが如きものであった。
春昼後刻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)