“雲霓”の読み方と例文
読み方割合
うんげい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
曹丞相は、を愛し、人材を求むること、雲霓を望むごとしと、世評には聞いていたが……。いやはや……これでは覚束ない。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
当時の官省は旧思想の人物を以て充たされていたから、新智識を有するものを欲することは大旱雲霓もただならずである。
東洋学人を懐う (新字新仮名) / 大隈重信(著)
(否、どこということを十分気にもとめなかったが)ある洋館の這入口に『ライスカレー一杯二十五銭』とある札を見て、私は大旱に雲霓を得た心持でそこにはいった。
丸の内 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)