“雨曇”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あまぐもり100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“雨曇”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
住職はそれからおんなと喬生を西門せいもんの方へほうむったが、そののち雨曇あまぐもりの日とか月の暗い晩とかには、牡丹燈をけた少女をれた喬生と麗卿の姿が見えて、それを見た者は重い病気になった。
牡丹灯籠 牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)