“随得手録”の読み方と例文
読み方割合
コンモンプレース・ブック100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
サウシの『随得手録』二に、衆蛇に咬まれぬよう皮に身をみ、蛇王に近づきち殺してその玉を獲たインド人のあり。
下等民も御多聞にれずといってはなし兎の皮を用いたので、ロンドン界隈は夥しく兎畜養場が立ったという(サウシ『随得手録』一および二)
兎を野猫児とはこれを啖肉獣たる野猫の児分と見立てたのか。ただしノルウェーの兎は雪をって鼷鼠を追い食う(一八七六年版サウシ『随得手録』三)