“閻浮”の読み方と例文
読み方割合
えんぶ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さるをおんしば/\こゝにきたりて回向ありつる功徳によりてありがたき仏果をばえたれども、黒髪りとなりて閻浮ふあさましさよ。
閻浮の衆生は命不定なりとは申せども、成人するまで親に添う人の子多く候ものを、如何なる宿執の報いに依って、我等三歳の時父には生きての別れ、母には死しての別れとなりぬらん
三人法師 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
生死閻浮にかへるいくさかな 直安
古池の句の弁 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)