“開裂”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かいれつ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“開裂”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 植物学 > 植物学8.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
スミレの果実は三殻片かくへんからなっているので、それが開裂かいれつするとまったく三つの殻片かくへんに分かれる。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
花がわると果実ができ、じゅくしてそれが開裂かいれつすると、中の褐色かっしょく種子が出る。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)