“釣鈎”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
つりばり100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“釣鈎”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「……釣鈎つりばりも網もないとすると、やなをつくってかいぼりするよりほかないようね」
キャラコさん:04 女の手 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
神田小川町『川崎』という釣道具屋。欅の大きなひさし看板に釣鈎つりばり河豚ふぐを面白い図柄に彫りつけてあるので、ひとくちに、神田の小河豚屋しおさいやで通る老舗しにせ
顎十郎捕物帳:04 鎌いたち (新字新仮名) / 久生十蘭(著)