“釣綸”の読み方と例文
読み方割合
つりいと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
晃平は、前の川へ釣綸を垂れて、岩魚一尾を得た。これをぼつぼつ切にして、と一緒に、味噌汁にして、朝飯を済す。
白峰山脈縦断記 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
そこで其処釣綸を垂れ難い地ではあるが、魚は立廻ることの多い自然に岡釣りの好適地である。
蘆声 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
と男はきながら何気なくその釣綸を引張り寄せると、ちらと釣竿の端が見え出した。