“逢:く” の例文
“逢:く”を含む作品の著者(上位)作品数
野村胡堂2
“逢:く”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
が、此處では平次も全く豫想外なことに出つはしました。
銭形平次捕物控:050 碁敵 (旧字旧仮名) / 野村胡堂(著)
「伊太郎と照吉は無二の仲でしたが、近頃伊太郎が何にかでまうけた樣子で、パツパして居りました。多分昨夜此處ではして、照吉が無心を吹つ掛け、それを聽かなかつたので喧嘩になつたので御座いませう」