“蒼生万民”の読み方と例文
読み方割合
そうせいばんみん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いや、これが決して私闘であってはならない、蒼生万民のために戦うことであらねばならない。その考えから、彼はいろいろ気にかかることを自分の小さな胸一つに納めて置こうとした。
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)