“英姿颯爽”の読み方と例文
読み方割合
えいしさっそう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、あるので、遂に城門をひらかせて、英姿颯爽と、一軍をひきいて、蒼空青野の戦場へ出て行った。
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
御母堂の鼻はシーザーのそれのごとく、しく英姿颯爽たる隆起に相違ございません。しかしその周囲を囲繞する顔面的条件は如何な者でありましょう。無論当家の猫のごとく劣等ではない。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)