“芙蓉峰”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ふようほう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“芙蓉峰”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
霧ははれた。そして紺碧こんぺきの空へ、雄大なる芙蓉峰ふようほう麗姿れいしが、きょうはことに壮美そうび極致きょくちにえがきだされた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ああ波にうかぶ、なつかしい霊山芙蓉峰ふようほうよ。富士山よ。——ねがわくは、母国日本をとこしなえに守りたまえ。——燁代は、美しい黒髪を寒風になびかせて、心から霊山にいのりをささげた。
昭和遊撃隊 (新字新仮名) / 平田晋策(著)