“肩端”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かたさき50.0%
かたはじ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、云ってちながら、そのまま傍へ寄って小さなこぶしを右の肩端かたさきへ持って往った。
赤い土の壺 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
由平は婢の肩端かたはじへ斬りつけた。
阿芳の怨霊 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)