“置願度”の読み方と例文
読み方割合
おきねがいたく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
御申越の借家は二軒共不都合もなき様被存候えば私倫敦へ候迄双方共御明け置願度し又それ迄に取極め必要相生じ候節は御一存にて如何とも御取計らい被下度候とあった。
カーライル博物館 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)