“置列”の読み方と例文
読み方割合
おきなら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
先頃よりの礼厚くて子爵より礼のり物数々、金子二百円、代筆ならぬ謝状、お辰が手紙を置列べてひたすら低頭平身すれば珠運少しむっとなり、ケ受取りて其他には手も
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)