“繻子目”の読み方と例文
読み方割合
しゆすめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は洋服であつたが、種田君は其頃紳士仲間に流行つた黒の繻子目のマントを着て、舶来中折帽つて居た。
二黒の巳 (新字旧仮名) / 平出修(著)