“繻子襟”の読み方と例文
読み方割合
しゅすえり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さりとは外見を捨てて堅義を自慢にした身のり方、柄の選択こそ野暮ならね高が二子の綿入れに繻子襟かけたを着てどこにくさいところもなく
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)