“繪府”の読み方と例文
読み方割合
ゑふ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
飛脚にて下されと云ければ皆々承知して申付しゆゑ幸ひ御殿場へ立寄伯父九郎兵衞にも逢度思ひ支度をなし家内の事を能々頼み股引脚半草鞋にて御用と云繪府を首に掛沼津宿より足高山の裾通りを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)