“縷衣”の読み方と例文
読み方割合
るい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
余は鰥寡孤独に沈むもの、或は貧困縷衣にして人目るもの、或は罪に暗処に神のを求むるもののを問い、ナザレの耶蘇の貧と孤独ととを語らん
基督信徒のなぐさめ (新字新仮名) / 内村鑑三(著)