“縷陳”の読み方と例文
読み方割合
るちん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わたしは何故久しく筐底の旧稿に筆をつぐ事ができなかったかを縷陳して、に一時のぐこととした。
十日の菊 (新字新仮名) / 永井荷風(著)