“縄綯”の読み方と例文
読み方割合
なわな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
堆肥製造には持て来いの季節、所謂寒練である。夜永の夜延べには、親子兄弟大きな炉側でコト/\っては、俺ァ幾括何足かと競争しての縄綯草履草鞋作り。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)