“総染”の読み方と例文
読み方割合
そうぞめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
長襦袢総染の小桜で、ちらちらと土間へ来た容子を一目、京都から帰ったばかりの主人が旅さきの知己、てっきりけるものと合点して、有無を部屋へ聞かないさきから
白花の朝顔 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)