“絹天”の読み方と例文
読み方割合
きぬてん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼は尻をからげて、莫大小股引白足袋に高足駄をはき、彼女は洋傘について海松色絹天肩掛をかけ、主婦に向うて
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
氣が付くと、女は素足に新らしい空氣草履をはいてゐる。そしてその青い絹天の鼻緒にまでほこりがたかつてゐる。
泡鳴五部作:01 発展 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
桜の花を渦巻きに散らしたメリンスの着物の下から、真赤な絹天の足袋がちょこちょこ動いて見えた。
子を奪う (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)