“絶讃”の読み方と例文
読み方割合
ぜっさん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
馬之山の対陣の後も、あなたは秀吉の人物を絶讃しておられた。正直それがしも彼の弓の取りようを見、その大志と智略を知るにつけ、敵ながら推服している。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
キンギン国の大統領は、彼アルゴン大尉を招き、その成功を絶讃すると共に一躍大将に昇任させた。
二、〇〇〇年戦争 (新字新仮名) / 海野十三(著)
一貫して絶讃の言葉をまなかったことによっても、またその多くの『怪談』に出て来る日本の女性が、ちょうど彼の妻を聯想させるごとき貞婦であり、旧日本的なる婦道の美徳や