“経俊”の読み方と例文
読み方割合
つねとし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「——だけは取りのけて置いたなれど、箭の口巻をめて見るがよい。何としるしてある。滝口三郎藤原経俊と——明らかに読まれるであろうが」
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
敦盛忠度通盛経俊経正知章——など十指を折っても折りきれない。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「お。囚人経俊の母か。……会うてやると云って、庭へ通せ」
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)