“終点”の読み方と例文
旧字:終點
読み方割合
しゅうてん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
のことだった。終点I駅からでる最終列車に後部車掌をつとめることになったわたしは、列車の一ばん貨車についた三ばかりしかない制動室に乗りこんだ。
くまと車掌 (新字新仮名) / 木内高音(著)