“紺生平”の読み方と例文
読み方割合
こんきびら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ところが玄関に出てみると最初に見かけた通りの大前髪に水色襟、紺生平に白小倉袴、細身の大小の内輪に引寄せた若侍が、人形のようにスッキリと立っていた。
斬られたさに (新字新仮名) / 夢野久作(著)