“紫赤色”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しせきしょく50.0%
モーブ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“紫赤色”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
見ると、彼の美しい顔の半面は、薄気味の悪い紫赤色しせきしょくを呈している。
真珠夫人 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
沈みかけようとする夕陽が団々の雨雲を紫赤色モーブに染めあげていた。
墓地展望亭 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)