“紫影”の読み方と例文
読み方割合
しえい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
漱石最もまじめの性質にて学校にありて生徒を率ゐるにも厳格を主として不規律に流るるを許さず。紫影の文章俳句常に滑稽趣味を離れず。
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
牛伴(為山)、松宇、桃雨、猿男得中、五洲、洒竹、紫影爛腸(嶺雲)、肋骨木同、露月、把栗、墨水、波静、虚子らの顔触であったかと記憶して居る。
子規居士と余 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
文学の専門家で、傍らいろはたとえの如き俚諺を集むるを楽みにしていた、藤井紫影氏は、今も京都大学の教授となっている。これらは誰れも知っているから私が説くまでもない。
鳴雪自叙伝 (新字新仮名) / 内藤鳴雪(著)