“素帳面”の読み方と例文
読み方割合
きちょうめん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
女房の九女八は、女団洲で通る素帳面な、楽屋でも家庭でも、芸一方の、言葉つきは男のようだが、気質のさっぱりした、書や画をよくした、教養のある人柄だった。
市川九女八 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)