“紙荷”の読み方と例文
読み方割合
かみに100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
坂本は堺筋西側の紙屋の戸口に紙荷の積んであるのを小楯に取つて、十文目筒大筒方らしい、黒羽織をふ。さうすると東側の用水桶の蔭から、大塩方の猟師金助が猟筒で坂本を狙ふ。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)