“紋三”の読み方と例文
読み方割合
もんざ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ちょいと道具を持って来てだけあたってくんなよ、と言種が横柄な上、かねて売れた顔色を癪に障らしていた、稲荷さんの紋三、人を馬鹿にすンな、内に昼寝をしてる処へ
三枚続 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)