“糸問屋”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いとどいや100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“糸問屋”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「ないんだとよ、おっ母。初めて山で会った時も、ちらと事情を聞いたし、ここへ来てからも、いろいろ聞いたが、なんでも元は江戸の糸問屋いとどいやの娘だって」
野槌の百 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
山「いやこれは手前養女でござる、実父は湯島六丁目の糸問屋いとどいや藤屋七兵衞と申す、その親が討たれた故に親の敵と申すので、只今では手前の娘に致して居ります」
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)