“糸商人”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いとあきんど100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“糸商人”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
今一人は三十六七で小粋な人でございますなれども、田舎の通り者、桑原治兵衞じへえと云う渋川の糸商人いとあきんどでございますが、折々此の地へ参って遊んでばかり居ります。
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)