“粘板岩”の読み方と例文
読み方割合
ねんばんがん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
道の左側が細い谷になっていてその下でかがんで何かしていた。見るとそこはきれいなになっていて粘板岩け目から水があくまでれていた。
泉ある家 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)