“米糠”の読み方と例文
読み方割合
こめぬか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もっとも前のような煉餌でも材料が不足だったらば煮る物の中へ米糠やフスマやあるいは麦糠などを加えて遣ります。
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
食うに足るものはなにによらず、恐ろしいような値がつき、米糠麦糠すら百文と、はねあがった。
ボニン島物語 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
米糠 九・五〇 六・〇〇 三・三〇 四四・一〇 二五・一〇 一二・〇〇
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)