“簾珠”の読み方と例文
読み方割合
れんじゅ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
雨とも見えぬ空合なのに、塔の先端の根もとから、ザーッとのような水がながれてきて、塔の四面はさながら、水晶簾珠をかけつらねたごとく、龍太郎の身も小文治のからだも
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)